1. HOME
  2. ブログ
  3. 『便秘になるとなぜ顔色が悪くなるのか?』

Blog

ブログ

ブログ

『便秘になるとなぜ顔色が悪くなるのか?』

便秘は糖のエネルギー代謝低下(=甲状腺機能低下)の一つの指標であることを

拙著『慢性病は現代食から』でも詳しくお伝えしました。

 

 

 

 

 

便秘になると気分が悪くなるのはもちろんのことですが、顔色や肌色が悪くなります。

 

 

 

 

 

慢性便秘では、皮膚の色が濃い紫色の斑点が出始めます。

 

 

 

 

 

これを医学的には「サイアノーシス(cyanosis)」と呼んでいます。

 

 

 

 

 

なぜこの様に顔色や肌の色が悪くなるのでしょうか?

 

 

便秘になると、大腸で繁殖したバクテリアが小腸にまで拡大し、

いわゆる小腸腸内細菌異常増殖症(SIBO) (こちらの記事も)という状態になります。

 

 

 

 

 

 

この状態での最大の問題は栄養素の吸収障害よりも、

バクテリアの内毒素(エンドトキシン)の血液流入にあります。

 

 

このエンドトキシンはマイナスチャージを持っているため、プラスの極性に引きつけられます。

 

 

特に血液中に入ると、プラスの鉄に強く引きつけられます。

 

 

 

血液中の鉄には、病的な状態ではフリーの鉄がありますが、

健康人では、大半は赤血球のヘモグロビンに鉄が格納されています。

 

このヘモグロビン(の鉄)にエンドトキシンが結合して、

ヘモグロビン中の鉄を酸化してしまうのです(J Endotoxin Res. 2000;6(4):313-9)。

 

 

 

 

 

 

ヘモグロビン中の鉄は、Fe2+(ferrous)ですが、

これにエンドトキシンが結合することで、酸化が起こり、Fe3(Ferric)へと変化します。

 

 

こうなると、もはや酸素はヘモグロビンと結合できなくなるのです。

肺からいくら酸素を入れても、貧血でもないのに酸欠になるのです。

 

 

そうすると血液がどす黒くなり、皮膚表面では紫色〜土色に変色してくるのです。

 

 

 

 

これと同じ作用を持つのが、過去記事でお伝えした一酸化窒素などの窒素化合物です。

 

 

ちなみに、便秘の人ではシミも増えてきます。

 

 

 

 

その理由はリアルサイエンスで考えてみてください(^_−)−☆。

 

関連記事