1. HOME
  2. ニュースレターバックナンバー
  3. NLB-水の研究と歴史〜水と細胞その三

Blog

ブログ

ニュースレターバックナンバー

NLB-水の研究と歴史〜水と細胞その三

細胞がリラックスした状態から興奮した状態に変化すると、

細胞内のタンパク質(アクチン、マイクロチューブルなどの構造タンパク質)から、

ATP、水やカリウムなどの電解質が細胞内でフリーになります。

それにともなって、タンパク質の形状は、

伸展からコイル型(folding)へ変化します(後述する誘電場→磁場への変化と同期)(Native aggregation as a cause of origin of temporary cellular structures needed for all forms of cellular activity signalling and transformations. Theor. Biol. Med. Model. 20107:19)。

リラックス状態の細胞内の反応性のない進展したタンパク質(inertia)は、

コイル状に折り畳まれることで、さまざまな性化学反応を媒介するようになります。

そして、細胞内の誘電場からエネルギーがリリースされることで、

筋肉の収縮、分泌腺からの分泌、受精などが可能になるのです(Coherent Behavior and the Bound State of Water and K(+) Imply Another Model of Bioenergetics: Negative Entropy Instead of High-energy Bonds. Open Biochem J. 20126:139-59)。

そして、エネルギーが供給されると、

再び細胞内タンパク質に水、カリウム、ATPが吸着され、

タンパク質がコイル状から伸展されるリラックス状態に戻ります。

このように、細胞はリラックス→興奮→リラックスを繰り返しています。

このように細胞は、リラックス状態→興奮状態→リラックス状態・・・

をリズミカルに繰り返しています。

この全身の細胞のリラックス状態→興奮状態→リラックス状態のリズムが

生体の「周波数(frequency)」と呼ばれているものです。

 

 

 

ここから先の記事の閲覧権限があるのは、
有料会員(個人会員、法人会員)の方でご購入者のみです。

無料一般会員はご購入できません。

ニュースレターのバックナンバー記事を閲覧されたい有料会員の方は、下記からログイン後、ご購入してください。ご購入後、こちらのページに続きの文が表示されます。
1記事あたりの販売価格は、6SGD(シンガポールドル)です。


関連記事